Bibliography


Ken Aoki excavation story
 Ken Aoki highlight the time lost in the history by their incomplete shape and situation that are consistento with trousseau.
For example,a work titled”Relics of Cups”,which looks sa if cups dug out of a kiln that has long been unused accumulated,suggests romanticism to relincs that are exposed to peoples’eyes.
Digging old kilns reveals ancient pottery making,industrial structures,and peoples’lives in old days through excavated relics and integrates the culture and the process into history.
 Many of relics handed down from generation to generation are things that were considered valueless in old days.They are used daily,thrown when  they become useless and replaced by the new one after another.
Of huge amount of such things that have been destined to be thrown away and buried deep in the soil ,only a few are dug before they decay and remain as historic relics.
Of course,most of them are broken and the original shape is gone. However,later generations exercise imagination to picture past splendors of them imagining their long weather beaten time.
 His other kiln-fired works include spheres with cracks,an open hole,or foreign materials…They are not perfect enough to be credited, and should be thrown away as defective items.
Such things have been buried in dug holes,accumulated over and over,broken into pieces,and returned to the soil. Saying”pick up unformed items”,he collects distorted ceramic spheres and small ceramic pieces thinking about many destinies that are born to be
pushed to the margin of the society failing to see the light of the day and disappear without being noticed. Then,we ask ourselves if we may be part of them or not. Aoki’s world switches on a device to remind us of destinies of things that are lost in the time ticking away.
Art journalist
Kazuhito Fujita

青木挙の発掘物語
青木挙のオブジェやインスタレーションは、トルソに通じる不完全な物の形態や状況に歴史に埋もれた幻の時間を浮かび上がらせる。例えば「遺盃」と題された作品は、使われなくなって久しい窯から掘り出された盃が折り重なり、一塊となって人々の眼前に曝け出された遺物に託されたロマン。旧窯の発掘は、そこから出土した遺物を通して、古の陶磁器づくりからそれに纏わる産業構造そして人々の生活状況までを読み解き、その地に芽生え、育まれた文化とその推移を歴史として構築していく。
 今日に伝えられる遺物の多くは、元々は取るに足らないと考えられていた品々。それらは日々の営みとともにあり、役割を終えれば捨てられ、次々と新しいものに取って代わられる。そうして長い間に打ち捨てられ、地深く埋まり朽ちていく運命にある圧倒的な量の品々の内、何故かほんの僅かが朽ちる前に掘り起こされ、歴史的遺物として甦る。勿論、そのほとんどは破損し、見る影もない姿になっている。しかし、後世の人間は想像力を逞しくして、それらが背負った長い時間や曝された風雪を感じながら、往年の輝きをイメージする。
 その他、彼が穴窯で焼いたという球体には、ひびが入ったり、裂け目が出来たり、異質物が混入したり…。それらは世間に通用する完璧な品物ではなく、不良品として破棄されるべきもの。こういうものは古から穴を掘って埋められ、次々に重なり合い、粉々の破片となって、いずれ土へと帰っていく。作家はそれらを「形にならないものを拾い集める」としつつ、この世に生まれながら日の目を見ずに社会の片隅に追いやられ、人知れず消えていく、数多くの運命に思いを馳せ、歪んだ形態の陶球や細かい陶片の集積に託す。そして、そこから私たちも少なからずその一端を占めているかもしれないと、自問自答することになる。そんな青木挙の作品世界は、刻々と過ぎ行く時間のなかに埋もれていく物事の運命を想起させる装置と言ってもいい。
美術ジャーナリスト
藤田一人